芸能・エンタメ

『THE FIRST』♯16!4次審査第2ステージチーム「Move On」

THE FIRST オーディション

SKY−HIが人生で初めてボーイズグループをプロデュースする『THE FIRST』。

1ヶ月に及ぶ4次審査「富士山合宿」では、現在第2ステージが行われています。

今回はチーム「Move On」の審査です。それでは早速チェックしていきましょう♪

7月1・2日放送『THE FIRST』を詳しくチェック♪

前回の放送では、第2ステージの審査内容『6vs6のチームバトル』が発表され、チーム「Be Free」の発表でした♪

『THE FIRST オーディション』♯15 4次審査第2ステージスタート!

THE FIRST オーディション
『THE FIRST オーディション』♯15 4次審査第2ステージスタート!AAAの日高光啓ことSKY−HIが人生で初めてボーイズグループをプロデュースする『THE FIRST』。1ヶ月に及ぶ4次審査「富士山合宿」では3つのステージが行われます!最初の10日間で行われた第1ステージ「クリエイティブ審査」では、15人から3人が脱落。今回からは、第2ステージに進む12人の戦いが始まります!それではチェックしていきましょう♪...

チーム「Be Free」メンバーはこちら♪

  • ソウタ
  • レオ
  • マナト
  • ルイ
  • ジュノン
  • レイコ

思うようにトレーニングができず悩んだメンバーや練習態度に問題があり注意されるメンバーなどチーム内で問題も生じましたが、SKY−HIも大絶賛するほどのパフォーマンスを披露することができました!

またデビュー前にもかかわらず、「Be Free」がiTunesチャートで1位を獲得するという快挙を達成♪すごいですよね♡

『第2ステージ』審査内容『擬似プロ審査』

  • プロが作った”楽曲””振り付け”で課題曲をパフォーマンス
  • 期間は一週間
  • 6vs6のチームバトル
  • 審査当日のパフォーマンスのみで評価
  • 負けたチームから1人が脱落

さまざまなプロフェッショナルが7日間にわたって、12人をプロのアーティストとして鍛え上げます!

SKY−HIが用意したプロフェッショナルな課題曲

「Move On」

作詞:SKY−HI・作曲:SUNNY BOY /SKY−HI

【音楽プロデューサー】

SUNNY BOY:安室奈美恵「Hero」BTS「Stay Gold」など多数のアーティストへ楽曲提供

【ダンス】

世界中で活躍し、三浦大知との無音ダンス共演で話題の「s **t kingz」からkazukiが振り付け担当

チーム「Move On」メンバーはこちら♪

  • ショウタ
  • シュント
  • テン
  • リュウヘイ
  • ラン
  • リョウキ

第1ステージで同じチームだったラン・リュウヘイ・リョウキ。この3人は意見が合わず衝突した経験があります。

SKY−HIはあえてこの3人を同じチームにすることで、3人に「メンバーを愛する力」を課題として伝えました。

擬似プロ審査練習スタート

ダンス経験者が多いチーム「Move On」。

SKY−HIからダンスのレベルアップを急遽提案され、振り入れがスタートしました。かなりハードな振り付けで、メンバーはダウン寸前!

シュントはダンサーでもあるランやテンが苦戦しているのを見てダンスの大変さを痛感します。

また、ソロアーティストとして活動していたショウタも、ソロではなくチームで行うダンスに戸惑っていました。

渡邉翔太

かつてない振り付けに苦戦しながらも一丸となって練習をするチーム「Move On」。

しかし、チームの雰囲気はとても良く、ラン・リュウヘイ・リョウキ3人の関係性にも変化が見えてきました!

まるで魔法のようなボーカルレッスン

出典:CINRA.NET

Mr.ChildrenやLiSAなどを指導している凄腕のトレーナー”りょんりょん”こと佐藤涼子さんがレッスンに入り、魔法のようにみるみる歌声が変わっていくチーム「Move On」のメンバー。

しかしここで苦戦したのがテン。

大山天

テンはSKY−HIに憧れており、SKY−HIのスタイルに似ているため、”自分らしさを出すこと”が課題です。

果たしてテンは、課題を克服することはできるのでしょうか?

協力し完成度を高めるチーム「Move On」

それぞれのメンバーが順調にレコーディングをスタート。

第1ステージでは衝突してしまったラン・リュウヘイ・リョウキですが、声の重なりが良く、アーティストとして相性ぴったりだということがわかりました♪

メンバーのレコーディングが終わる中、力を発揮できなかったのがテン。

しかし、悩み、考え、審査ギリギリまで練習したテンは、”自分らしいラップ”を見つけることができたようです。

チーム「Move On」擬似プロ審査発表!ちゃんみなも審査に参加

出典:Billboard JAPAN

年齢や経験の有無、これまでの努力などの過程は一切評価されない一発勝負「擬似プロ審査」。

日本語・韓国語・英語を巧みに操るトリリンガルラッパーとして活躍しているスペシャルゲスト”ちゃんみな”も審査に参加します。

チーム「Be Free」の爽やかな衣装とは違い、黒のスーツでクールにキメたチーム「Move On」。

ハイレベルなダンスとラップ、そしてチームワークの良さが際立ったステージを披露しました♪

SKY−HIもクオリティの高さに心から感謝し、ちゃんみなも油断を見せないパフォーマンスが素晴らしいと大絶賛♡

チーム「Move On」メンバーとSKY−HIのコメントは?

【ショウタ】

正直後悔はない。自分が何者かを示せたパフォーマンスができた。

SKY−HI:赤ちゃんのような音楽的好奇心がおもしろい。ラップの部分をやるならどんな解釈ができるのか、顔のどの部分を響かせたらどういう聞こえ方をするのかという考えを強く持っている。そういうところが感動した。

【テン】

ラップのレベルアップが自分でもわかった。SKY−HIにラップをもっと教えて欲しい。もっとレベルアップすることを次の課題にしたい。

SKY−HI:ラップを技術的に上手くなることは大事。だけど音楽と仲良くなることを心がけたら勝手に技術に現れてくる。

【シュント】

このメンバーでレベルの高いパフォーマンスができたことを感謝しているし、楽しかった。

SKY−HI:チームの中でも目を引く存在。曲のおいしいところをあげたのは向いていると思ったからだし、それに実際応えてくれたことが嬉しい。

【リョウキ】

真っ先に言いたいことは、グループパフォーマンスは最高。メンバーと最高のパフォーマンスができた。

SKY−HI:特徴的な歌い方やパフォーマンスは、クセというには物足りない。特徴・個性・才能と呼べるものが至る所で見ることができた。今後が楽しみ。

【ラン】

アーティストとして魅せるという部分では、そのグループの中で一人一人が輝く場所があるからこそひとつになって見えると再認識した。

SKY−HI:パワフルなムーブは今まで培ってきた技術の賜物。グループの一員として輝くことを誇らしく嬉しく思うし、ワクワクした。

【リョウヘイ】

感覚的には疲れているけど、まだまだいけるという不思議な感覚で良い経験。メンバーのおかげ。1回目の審査は良い結果ではなかったけど、今回はクオリティを維持できたと感じられて、心から楽しめた。

SKY−HI:リュウヘイがマイクに声を入れた瞬間に空気が変わる。すごく素敵な才能で、ずっと持っていて欲しい。そろそろもう一つの表情やむき出しの感情を見てみたい。

来週は結果発表!負けチームから1人が脱落

来週は第2ステージの結果発表です。

爽やかなチーム「Be Free」、クールなチーム「Move On」どちらか負けたチームから1人が脱落します!

どちらのチームもハイレベルで誰が脱落するのか全然想像できませんよね。

7月8日(木)9日(金)の2日放送予定です。

今日見逃してしまった方は、HuluやTVerで放送されるのでチェックしてみてくださいね♪

またiTunesでは、5日(月)に「Move On」が配信されますのでこちらもチェックですよ♡

ABOUT ME
松本 楓
関東在住のママライターです。小学6年&2年男子二人を育てています。大谷選手と同じ誕生日でO型。趣味は一眼レフ・エレクトーン・手帳・文房具・ネイル・旅行・野球・ダイエットです。楽しく生きるのがモットーで、よく笑います。読売ジャイアンツの亀井選手が大好きです。大好きな旅行をしてのんびり暮らすのが老後の夢。現在は、ファッション・美容・育児・住宅・芸能などのジャンルをメインに活動しています。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です