芸能・エンタメ

「スッキリ」オーディション♯14『THE FIRST』最新情報!【4次審査第1ステージ結果発表!】

THE FIRST オーディション

マルチに活躍するSKY−HIがスッキリと連動し、人生で初めてボーイズグループをプロデュースする『THE FIRST』。

前代未聞で過酷すぎると話題の4次審査、第1ステージの結果発表です!

15人から3人が脱落してしまいますがどうなるのでしょうか?見逃した人もこれを見ればわかりますので、ぜひチェックしてくださいね♪

6月17日18日放送『THE FIRST』を詳しくチェック♪

ついに4次審査『第1ステージ』の結果発表です!

15人が3チームに分かれ、パフォーマンスを頑張りました。

しかし、次のステージに進めるのは12人。3人が脱落することとなります!それでは、早速結果発表をチェックしましょう♪

第2ステージ通過者の12人が発表!

15人全員のレベルが確実に上がっており、メンバー選考を地獄と言ったSKY−HI。

1人で真剣に考えたいからスタッフに部屋を出て行って欲しいとピリピリしていました。

  • 審査の基準①自分と仲間をリスペクト
  • 審査の基準②自分も仲間も100%でクリエイション
  • 審査の基準③チームのパフォーマンス向上を考え続ける

クリエイティブ審査で残るのは15人中12人です!

それでは結果発表を見ていきましょう!

【1位】ソウタ 島雄壮大(20歳)チームA

島雄壮大

ヒップホップダンスの世界大会で4度優勝経験の実力者。チームAではダンスの振り付けを担当しました。

SKY−HIのコメント:チームのメンバーがどうしたらかっこよく見えるのかを1番考えていた。

グループのラッパーとして強い存在感を発揮していて衝撃を隠しきれない、ラッパーとして成長を感じた。

ソウタのコメント:ラップの成長を褒められて自信に変わった。さらに上があると思って進んで行きたい。

【2位】ショウタ 渡邉翔太(22歳)チームC

渡邉翔太

ソロアーティストとして活躍する最年長。チームCのリーダーとして悩む場面も。

しかし年齢差10歳のチームをまとめ、最高のパフォーマンスを披露。

SKY−HIのコメント:2位だけどMVP。一番感動したのは、楽曲作り未経験のメンバーが楽しそうにできるようフォローしたこと。そして自分のパフォーマンスも100%発揮していて尊敬している。

ショウタのコメント:1位じゃないのは悔しい。上があるのはいいプレッシャーなので、高いところを目指したい。

【3位】レオ 上村礼王(22歳)チームA 

THE FIRST オーディション

大手事務所の育成生として経験のあるレオ。

SKY−HIのコメント:作詞作曲の経験がないのに、楽曲の原型になるメロディーを作ったことに驚いた(初日に作ったメロディーがチームAの曲のサビに)。曲作りに対して諦めず鼓舞していた姿が印象的。

レオのコメント:上を見るメンバーに刺激をもらった。”理想の自分”と”今日の自分”を照らし合わせて、理想に近づけるように頑張りたい。

【4位】シュント 久保舜斗(17歳)チームC

久保舜斗

歌10年、ダンス11年のレッスン歴を持つ実力者。

SKY−HIのコメント:高い存在感を楽曲の中で発揮していた。全てのスキルが高い。パフォーマンスアーティストとして上の階段を上っていって欲しい。

シュントのコメント:もっとできることがあった。反省点を生かし次の課題を頑張りたい。

【5位】マナト 廣瀬真人(19歳)チームA

廣瀬真人

歌・ダンス歴7年。アメリカへ音楽留学経験者。

SKY−HIのコメント:サビを食うようなBメロの存在感を発揮し、驚いた。短い時間で空気を掌握する、アーティストとして1番カッコ良いことをしていた。

マナトのコメント:チームAのメンバーが、自分を目立たせてくれるような構成を考えてくれた。5位は嬉しいけどもっと上を目指して頑張りたい。

【6位】テン 大山天(19歳)チームA

大山天

SKY−HIに憧れ、SKY−HIのMVに出演。チームAではソウタと振り付けを担当

SKY−HIのコメント:安定して成長を続けている。クリエイティブ審査において、SKY−HIのスタイルにかぶっている。次の審査では、自分らしさを出すことが課題。

テンのコメント:やりたい振り付けと歌詞ができて楽しかった。誰よりも努力して1位を目指して頑張りたい。

【7位】リュウヘイ 黒田竜平(14歳)チームB 

黒田竜平

歌6年、ダンス9年のレッスン歴で3次審査では1位だった実力者。

チームB最年少で最初の通過者。積極的に意見を提案したり、メンバーの課題を明確にしたりと才能を発揮。

SKY−HIのコメント:この状況でメロディーと歌詞のセンスを出してきたなと衝撃的。歌詞の発想が面白い。

リュウヘイのコメント:自分のアーティシズムを発揮できなかった。また1位の座を取り返せるように頑張りたい。

【8位】ルイ 川島塁(13歳)チームC

川島塁

最年少13歳。モデルとして活動中。

SKY−HIのコメント:最年少だからクリエイティブ審査が不安だったが、ルイの作ったメロディーが印象的だった。楽曲にとって素晴らしいクリエイティビティーを残した。

ルイのコメント:正直不安だったけど、チームCのメンバーが引っ張っていってくれた。8位はみんなで取れたと思うのでチームに感謝している。自分が引っ張っていけるように頑張りたい。

【9位】ジュノン 池亀樹音(22歳)チームB

池亀樹音

未経験ながらハイトーンボイスで存在感を示す。

SKY−HIのコメント:チームのクオリティを上げるために、自分のクオリティを上げることに専念していたことが大正解。合宿審査で歌のうまさが1番伸びている。

ジュノンのコメント:先生の言う通りにやったことがタメになっていると実感した。今回9位だったから次回は順位を上げられるよう頑張っていきたい。

【10位】レイコ カドサワン レイコ(18歳)チーム

THE FIRST オーディション

歌もダンスも未経験者だけど音楽が大好きというその一心でオーディションに参加。

SKY−HIのコメント:3次審査で15位に入った時もどんどん成長し驚いた。今回は、歌が本当に好きなんだなぁと言うことを思い知った。

レイコのコメント:第1ステージでは、本当は隅っこに1人でいたいと思っていた。だけどショウタくんがチームの雰囲気を作ってくれた。そのおかげで楽しくできた。本当にチームのおかげ。

【11位】ラン 古家蘭(18歳)チームB

古家蘭

2次審査で1位。ダンスの大会で優勝するなどの実力者。4次審査の第1ステージでは、なかなか個性を出せず悩んでいた。

SKY−HIのコメント:2次審査ぶりに歌で存在感を出せていた。次の審査で、1位に返り咲いているランが見たい。今は自信がありますか?(ラン:ハイ!と即答で答える)

ランのコメント:もっとクリエイティブという中で自分が周りに目を配ったり、みんなで作り出すものを引き出したりできたのではないか。次の審査ではその壁を壊して上に行けるように頑張りたい。

【12位】リョウキ 三山凌輝(21歳)チームB

三山凌輝

俳優として舞台や映画で活躍。

THE FIRST 三山凌輝(みやまりょうき)と山之内すずが熱愛!ネタバレ炎上も

みやまりょうき 熱愛
THE FIRST 三山凌輝(みやまりょうき)と山之内すずが熱愛!ネタバレ炎上も2021年5月24日に三山凌輝(みやまりょうき)と山之内すずの熱愛が発覚しました。三山凌輝(みやまりょうき)は、山之内すずのマンションで3連泊し、そのままTHE FIRSTの審査に向かったと報道されています。今回は、2人の熱愛の真相について調べてみました。...

SKY−HIのコメント:クリエイティブ審査の内容よりもチームで戦うことに対して苦戦したと思う。次の審査も厳しくなるかもしれないが、ダンスも上達しグルーブを感じ取れてきた。聴いている人に寄り添う歌になって感動した。

リョウキのコメント:初めて人と人とがぶつかり合う、気持ちが伝わらなくてすれ違っていく感情を経験した。

以上12人が第1ステージを通過しました♪

2次審査や3次審査とは全然違う順位になり、参加者全員が力をつけてきたのがわかりますね!

3人の脱落が決定。第1ステージ脱落の理由

残念ながら4次審査第1ステージを脱落してしまったのは、タイキ・シュンスケ・ナオキの3人でした。

ナオキ 男澤直樹(22歳)チームA

男澤直樹

第1ステージでは、チームのメンバーにもっと目立つポジションにして欲しいと伝えていたナオキ。

SKY−HIのコメント(脱落理由):メロディーや振り付けで、ナオキがクリエイトした部分やエゴがやはり示せなかった。チームの中で「もう少し目立たせて欲しい」というよりも誰も何も言っていないのにステージ上で「俺を見ろ」という声にならない感情が響いてくる人にならないといけない。

シュンスケ 織戸俊輔(20歳)チームB

織戸俊輔

チームBのリーダーとして奮闘。

SKY−HIのコメント(脱落理由):メロディーや振り付け、クリエイティブで存在感が示せなかった。歌がうまくてラップもできるのは知っているけど、クリエイティブの先を見たかった。

溝口太基(13歳)チームC

溝口太基

これまでの審査では自作のラップを披露。

SKY−HIのコメント(脱落理由):焦りで周りが見えなくなっていた。ラッパー、アーティストとしてやっていくとしたらもう少し日常生活を膨らませて感情の揺れ幅を実生活で増やして欲しい。

脱落した3人はお互いに健闘をたたえ合う

脱落した3人はお互いに健闘をたたえ合いました。

ライバルでもありながら共に戦ってきた戦友の別れを惜しむ12人。

そんな彼らに、「日本のトップ、アジアの頂点、世界への挑戦権が本気で取れる世界中どこを探してもいないボーイズグループを作っていく。去っていった3人のためにも素晴らしいグループを作ろう。」と改めてSKY−HIは12人に伝えました。

来週はいよいよ4次審査”第2ステージ”スタート!12人の行方は⁉︎

次回は、第2ステージがスタートします。第2ステージでは、1人が脱落予定。新体制となった12人はこれからどんな試練を乗り越えていくのでしょうか?

来週も6月24日(木)25日(金)の2日放送予定なので、要チェックです!

今日見逃してしまった方は、6月18日20時からHuluで完全版が見れますのでチェックしてみてくださいね♡

TVerでもスッキリの見逃し配信分が見れます。

ABOUT ME
松本 楓
関東在住のママライターです。小学6年&2年男子二人を育てています。大谷選手と同じ誕生日でO型。趣味は一眼レフ・エレクトーン・手帳・文房具・ネイル・旅行・野球・ダイエットです。楽しく生きるのがモットーで、よく笑います。読売ジャイアンツの亀井選手が大好きです。大好きな旅行をしてのんびり暮らすのが老後の夢。現在は、ファッション・美容・育児・住宅・芸能などのジャンルをメインに活動しています。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です